数あるインフルエンザの薬の中からリレンザを選ぼう

インフルエンザの治療薬は、リレンザが主流になるべきだと思います。リレンザは吸入薬なので、吸入することでインフルエンザ菌の通り道である気道に直接届き、素早くインフルエンザ菌の繁殖を抑えることができます。

どうしてもリレンザが欲しい!病院処方で希望が通るか

リレンザは病院で処方リレンザは1日2回5日間の吸入によるインフルエンザの治療薬です。インフルエンザ治療薬はほかに内服薬のタミフル、1回吸入するだけでよいイナビル、1回点滴すればよいアピアクタ、A型インフルエンザにのみ有効のシンメトレルがあります。
みなさんもご存知の通りタミフルは10台の思春期の子供が服用した場合の異常行動の発生率が高いようです。ではどのような異常行動なのか。急に起き上がり動きだしたり、意味不明の事を話す、泣き出す、外に出ようとする、突然笑い出すなどがあるようです。
ではリレンザはこのような症状は出ないのかというと、そうではないようでタミフルよりは少ない報告ですが、同じような症状が出たと言う報告もあげられているようです。そこで10台のお子さんを持つ親御さんとしては、できればタミフルではなく、リレンザを処方してほしいと言うのが本音ではないでしょうか。
どうしてもリレンザがほしい場合、まずは病院に置いているかどうか、電話で確認してみると良いでしょう。受診してお医者様がお薬を出すときに、リレンザの取扱がなければ、いくらほしいと言っても処方してもらうことは難しいでしょう。
昔ながらのお年を召したお医者様が診察した場合、タミフルを処方する可能性が高いです。電話で確認してあったとしても、処方するのは医師なので、必ず処方してもらえるかどうかはわかりませんが、取り扱いのある病院に受診することが、はじめの1歩です。
では、受診後はどうしたらよいのか、インフルエンザ検査で掛かっていることが確定したら、リレンザがほしいことを医師に伝えると良いでしょう。希望が通るかどうかは、医師の判断になるのでわかりませんが、ほしい理由をしっかりと伝えることで、医師も考えてはくれると思いますよ。
病院処方が難しくても他にも購入する方法はあります。医薬品の通販サイトを利用する方法です。インフルエンザになってしまうと病院へ行くことさえつらくなりますのでリレンザを買って流行に備えましょう。医薬品の通販サイトにはインフルエンザ治療薬はもちろん、他にもさまざまな医薬品が販売されており、医師からいつも処方してもらっているけれど毎回病院へ行くのが手間だという人が利用していたり、毎日飲まなければならない薬をまとめ買いでお得に買っていたりします。

リレンザとタミフル、幼稚園児はどちらを飲むの?

幼稚園児にはリレンザが安心インフルエンザの治療薬には大きく分けて3つのタイプの薬があります。錠剤やカプセルのような飲むタイプの内服薬ではタミフルが有名です。
他にも粉状の薬を吸入するタイプのリレンザやイナビルと言う吸入薬があります。内服も吸入も難しい人には点滴で投薬するラピアクタと言う薬もあります。
以前はインフルエンザの治療薬としてはタミフルが主流でした。
タミフルは予防薬にもなりますし、インフルエンザが流行する季節に予防接種に行けなかったときなどはタミフルがあれば予防することができます。飲み込む力が弱く、むせやすい高齢者や、吸入の仕方を理解するのが難しい子供にはタミフルなどの内服薬の方が服用しやすいこともあり人気でした。
しかし、タミフルの副作用とみられる症状により、事故が起こった事例などが報道され、思春期の子供への投薬を避けるようになったことから、どの年代の患者さんもリレンザなどの吸入薬を希望する人が増えてきました。幼稚園児であれば、息を吐いて一旦息を止めてから、大きく吸い込むという説明も十分理解ができる子がほとんどなので、リレンザを処方してもらう方が安心でしょう。
ただ、リレンザであれば副作用の心配が全くないというわけではありません。使用前にはリレンザの副作用を確認しておく必要があります。どの薬にも副作用はあり、経過をきちんと観察する必要がありまし、重篤な副作用の心配は報告されていなくてもリレンザにも鼻血が出やすくなったり、お腹が痛くなったり下痢をしたりするようなお腹の症状が出るとの報告もされています。
また、インフルエンザなど高熱の出る病気では薬を飲んでいなくても、幻覚を見たり、うわ言のようなおかしなことを言ったりするような、精神的な症状が出る事があります。高熱がある時は薬を服用していてもしていなくても、普段と違う言動をしていないかよく見守ってあげる事が大切です。インフルエンザは幼い子供がかかると重症化しやすいので、まずは手洗いうがいなどの基本的な予防を大切にして、かからないようにする努力もしていきましょう。

リレンザってむせないの?服用方法は安全なの?

抗インフルエンザ薬の一つであるリレンザは、薬剤の成分であるザナミビルが生物学的利用能が低く、経口投与が難しいことから、吸入薬としてつくられています。そのため、錠剤やシロップ剤としてつくられている他の抗インフルエンザ薬より薬剤の摂取には慣れを要します。
リレンザは、吸入器のカバーを取り外し、円盤型になっているアルミシートをトレイにはめ込み、その後フタを垂直に起こしてアルミシートの凸部(ブリスター)を破って薬剤を吸入します。使用するのは1回につき2ブリスターで、治療を目的としてザナミビルを取り込む場合は1日2回、予防が目的であれば1日1回薬剤を取り込みます。吸入薬を体内に取り込む際に不安な点の一つに、吸入中にむせてしまわないかという点がありますが、ゆっくりかつ深く吸い込み、その後2秒前後息を止めるだけで、むせることなく薬剤をすべて体内に入れることができるので、ストローでドリンクを飲む時のように勢い良く吸い込む必要はありません。
リレンザの製造元が作成している文書によると、リレンザは強く吸い込んだり、吸入後に息を止める時間を長くしすぎると、失神したり、めまいや意識の低下などといったショック症状が起きるおそれがあります。仮に吸引後に具合が悪くなった場合はしばらく安静にして、回復しない場合は病院に行って医師の診断を受けましょう。
また、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などといった慢性の呼吸器疾患にかかっている人は、より慎重にリレンザを使用する必要があります。これは、薬剤を吸入することで気管支痙攣を引き起こすおそれがあるためです。慢性呼吸器疾患の患者は、手が届く範囲に短時間で気管支を拡張させられる薬があることを確認してからリレンザを使うようにしましょう。

リレンザとインフルエンザの情報