数あるインフルエンザの薬の中からリレンザを選ぼう

インフルエンザの治療薬は、リレンザが主流になるべきだと思います。リレンザは吸入薬なので、吸入することでインフルエンザ菌の通り道である気道に直接届き、素早くインフルエンザ菌の繁殖を抑えることができます。

アプリで流行確認し子供にはアスピリンよりリレンザ

 インフルエンザの流行状況は、各公共機関が公表しています。アプリなどで簡単に知ることができますから、流行シーズンになったら、頻繁に確認しておきたいものです。子供がいる場合、インフルエンザの季節は特に気を遣います。毎年のように集団感染があり、学級閉鎖や学年閉鎖が起きていて、インフルエンザにかからずに済んだら幸運と考えざるを得ない状況です。
 子供は抵抗力が弱いので特に心配ですが、むやみに薬を飲ませるのも考えものです。インフルエンザに感染した子どもに、解熱のためとしてアスピリンを服用させるのは、現在では厳禁事項です。脳症を起こす可能性があるからです。インフルエンザが脳症を引き起こすのではなく、解熱剤の使用によって脳症が引き起こされていたということが次第に明らかになりつつあるようです。熱が出るのは、体内の免疫細胞を活性化させるためであり、インフルエンザウィルスが体中に蔓延している状況下では、必要なことです。免疫細胞は、体温が一度上がるだけでも相当活性化します。増殖してしまったウィルスを退治するのは、免疫細胞の役割ですから、免疫細胞が働きやすくするため、体温を上げているわけです。インフルエンザウィルスの寿命は5日です。ウィルスが死滅すれば、体温は自然に下がっていきます。
 インフルエンザにかかった子供には、解熱剤よりリレンザを服用させたいものです。リレンザは、新しく開発された抗インフルエンザ薬です。インフルエンザウィルスの増殖を抑える働きがあるため、感染直後に服用すると、症状の悪化を食い止めることができます。感染の診断が可能なのは、感染から早くて12時間後です。早期発見して、すぐに服用させたいものです。

リレンザとインフルエンザの情報