数あるインフルエンザの薬の中からリレンザを選ぼう

インフルエンザの治療薬は、リレンザが主流になるべきだと思います。リレンザは吸入薬なので、吸入することでインフルエンザ菌の通り道である気道に直接届き、素早くインフルエンザ菌の繁殖を抑えることができます。

リレンザは悪性だと治らないのか?

リレンザは抗インフルエンザ薬として15年以上前から日本で使われている薬のひとつで、最近では吸入薬など即効性のあるタイプのものも販売されています。そのためタミフルと比較すると早めに効果を発揮してくれるのでインフルエンザの症状を抑える事ができると言われているのですが、その一方で悪性のインフルエンザなど重症化してしまったものの場合はリレンザでも治らないのではないかと言う噂もあります。
まずリレンザを始めとした抗インフルエンザ薬は一般的にインフルエンザを発症してから48時間以内に服用する事によって高い効果を得られるとされているのですが、だからと言って48時間を過ぎてから服用しても効果がない・治らないということはないとされています。また重症化してしまったケースに対してもリレンザは耐性ウイルスを持つインフルエンザウイルスが現時点では存在しないという特徴を持っているので、基本的にはタミフルよりも効果があるとされているのである程度の治療効果は期待することが出来ます。
では何故リレンザが悪性のものに効果がないという話になっているのかというと、その理由としてはリレンザがインフルエンザC型には無効であるという点や吸入薬は正しく使わないと効果が出ないということなどが挙げられています。特にインフルエンザC型には無効という点については、リレンザはノイラミニダーゼと呼ばれる酵素に対して増殖や感染を防ぐ効果を持っているためノイラミニダーゼを持っているA型とB型については効果があるという特徴があります。ですがC型はノイラミニダーゼを持っていないのでこちらが重症化してしまった場合は早期に使っても効果がないことから、治らないと言う結果になっているのです。

リレンザとインフルエンザの情報