数あるインフルエンザの薬の中からリレンザを選ぼう

インフルエンザの治療薬は、リレンザが主流になるべきだと思います。リレンザは吸入薬なので、吸入することでインフルエンザ菌の通り道である気道に直接届き、素早くインフルエンザ菌の繁殖を抑えることができます。

最新の治療薬として知られるリレンザの服用方法

最新のインフルエンザ治療薬として普及しつつあるリレンザですが、正しく服用しないと的確な効果を得られないので注意が必要です。リレンザは、他に使用されているインフルエンザ治療薬と比較しても熱が下がるなど効果が出るのが早く、薬剤耐性も少ないなどメリットが多いことで知られています。ただ、その反面で使用方法が難しいことがネックになっており、口から飲み込むタイプではなく特殊な吸入器を使って服用するため、慣れるまではあまりうまく使用できないこともあります。
有効成分の入った薬は吸入器内で円盤型のアルミシートに包まれており、外から見ると4つの凹凸部分を確認できます。ここをブリスターと言い、1つつき粉末が5mg封入されています。この薬は、既に発症してしまったインフルエンザの治療用に使うのか、予防のために使うのかによって用量が異なります。治療の場合は1回あたりブリスター2つ分を1日に2回使用しますが、予防の場合は1日1回となります。ブリスター1つには5mg入っているので、1日に20mg服用するか10mg服用するかという点で違いがあります。どちらの場合も医師に処方してもらう場合は10個をまとめて渡されることになります。処方された量は、例え症状が落ち着いたとしても全て飲みきらなければなりません。途中で止めてしまうと、僅かに残っていたウィルスが薬剤耐性を付けてより強力に変異してしまう可能性があるので、非常に危険です。予防目的の場合でも、同じ理由で必ず処方された分は飲みきるようにして下さい。リレンザは年齢によって使用できるか否かが決まりますが、対象年齢や体重を満たしていれば大人でも子供でも使い方や用量に大きな違いはありません。

リレンザとインフルエンザの情報